1. MONDO TV トップ
  2. Vシネマ
  3. 真・雀鬼
MONDOアドレナリンシアター   真・雀鬼
伝説の雀士「桜井章一」の実話をもとに裏社会の闇を描いた大人気麻雀ドラマ
ストーリー
ジュクの雀鬼として裏プロのトップに立つ桜井章一は、利権麻雀を貪る巨悪な腐敗官僚の標的となった。エリート官僚・赤司正威は、政界麻雀の対戦相手に桜井を指名。情報網・組織力・ハイテク技術を駆使した高級官僚と、野性の本能で勝負する孤高の一匹狼・桜井章一が遂に激突!

(C)1998 桜井章一/柳史一郎/神田たけ志/竹書房

 
  • shin-janki
各話内容・対戦組み合わせ

<真・雀鬼2 麻雀無法地帯>
1970 年代初頭、新宿・歌舞伎町は、組織プロが覇権をめぐる死闘を繰り広げていた。中でも黒沼グループは、西村弘光の常勝神話で急成長。組織に属さない桜井章一の生き様は、組織プロの面子をも刺激した。遂に西村と桜井が激突!究極の変則デスマッチ“二人麻雀”へともつれ込んだ!


<真・雀鬼3 東西麻雀決戦>
1970年代、関西最強の組織麻雀プロが東京制覇に乗り出した!“ミナミの竜”は、ブー麻雀で鍛えたスピードと、妻・律子とのコンビ技で、次々と関東の組織プロを打ち破る。最後の砦となった桜井章一は、単身大勝負の場に乗り込んだ。日本一をめぐって、東西麻雀決戦が始まった!


<真・雀鬼4 歌舞伎町・博徒通り>
1970年代、歌舞伎町の8割が“ブー麻雀”の店であった。伝説の雀鬼と呼ばれた桜井章一は、麻雀が心から好きな男達と、本走勝負を楽しんでいた。勝負金を狙うスリ師、国士無双しか狙わない男、抗争中の暴力団の鉄砲玉など、歌舞伎町に生きた博徒達の人間模様が交錯する。


 

スポンサードリンク